ブロードライン通販で猫のフィラリア予防を始めよう

\90秒で注文完了/ブロードラインの購入はこちら

愛猫の画像数年前まではペットといえば犬!でしたし、犬と猫では圧倒的に犬派が多かった印象があります。しかし、最近では猫派が増え、犬よりも猫をペットとして迎え入れる方が増加しました。

猫は犬よりも手がかからないと言われていますし、何より自由気ままな姿が非常にキュート…。

ですが、猫と一緒に暮らす上で知っておいてほしいのが「寄生虫」の存在です。

 

寄生虫…?なんだか聞いたことはあるけど、猫は室内飼いだし大丈夫でしょ!

そう思っているあなたは危険!ぜひともこちらのサイトで寄生虫の恐ろしさを学んでいってください。

 

猫が気をつけたい寄生虫の種類

愛猫の画像寄生虫には多くの種類があり体の表面に寄生するものもあれば体内へ寄生するものもあります。

寄生虫に感染したら100%何かしらの症状が出るとは限りませんが、基本的にそのまま放置するのはよくありません。場合によっては寄生虫が成長し、命に関わる重大な病気を引き起こすこともあります。

ここでは、数ある寄生虫の中でも特に猫が気をつけたい寄生虫について紹介します。

ノミ(成虫・幼虫・卵)

ノミは体の表面に棲み着く寄生虫で、吸血されると激しい痒みに襲われ、猫ひっかき病を発症する恐れがあります。

猫ひっかき病は、ノミに寄生されている猫に人間が引っかかれることで感染する病気で発熱、頭痛、患部の化膿などを起こします。

また、ノミは一度寄生すると離れることがなく、約120日生存します。その間に吸血と産卵を繰り返し、常時ノミに寄生されることとなります。

マダニ

マダニもノミと同様に吸血する寄生虫ですが、ノミのように痛みや痒みがないので猫自身気づきません。

ですが、マダニは多くの病原体を持っており、赤血球が破壊されるパベシア症を始めとする命に関わる病気を発症する恐れがあります。

また、マダニは人間にも吸血して感染症を引き起こす可能性があり、これまで約70人の死亡例が確認されています

フィラリア

フィラリアは犬糸状虫と呼ばれますが、猫も感染します。フィラリアに感染した動物を吸血した蚊に刺されることで幼虫が侵入し、体内で成長します。

成長したフィラリアは心臓や肺へ寄生し、摘出手術が行われることもありますが薬を飲み続けなければなりません

おなかの虫

お腹の中に生息する寄生虫は種類や数によって現れる症状が異なりますが、食欲不振、下痢、嘔吐などの症状が現れます。

体内に寄生しているため発見が困難ですが、糞便中に虫卵が含まれていることもあります。

そのため、再感染や人への感染にも注意が必要です。

人に感染した場合には重大な病気になる恐れがあります。

 

寄生虫にはコレ1本!猫のためのオールインワン薬

愛猫の画像寄生虫から愛猫の健康を守るためには、日々こまめに部屋を掃除したり健康状態に変化がないか観察するといったことが大切です。

ですが、寄生虫対策で最も有効なのは専用のお薬を使うこと

寄生虫を駆除するお薬を使えば目に見えない寄生虫を退治できますし、効果が効いている間は予防効果もあります。

 

これまでであれば1つの寄生虫に対して1つの薬を使う必要がありましたが、そうなるとノミ・マダニ・フィラリア・おなかの虫…4種類ものお薬を使わなければなりませんでした。

 

たくさんのお薬を使うのは猫にとっても飼い主にとっても大変…。

ですが、ブロードラインというお薬であればノミ・マダニ・フィラリア・おなかの虫すべてに有効な成分が含まれているので、1回の投与で寄生虫対策ができます。

 

ブロードラインが有効なのは・・・

・ノミの卵、幼虫、成虫
・マダニ
・猫回虫、猫鉤虫、瓜実条虫、猫条虫、多包条虫
・フィラリア

ブロードラインは月1投与で寄生虫ガード

ブロードラインを使えば、何種類もの薬を投与しなくてもしっかりと寄生虫の駆除ができます。

これだけでも大変ありがたいですが、ブロードラインの有効成分は体に長期間留まる特徴があります。

効果の持続期間は1ヶ月間もあるので、1ヶ月に1回ブロードラインを使うだけでずーっと寄生虫の感染を予防できるということです。

 

寄生虫の駆除も予防もブロードライン1本!しかも月1回の投与でいいので、手間も金銭的な負担も減らせちゃいます。

 

スポットオンは難しい?ブロードラインの失敗しない投与方法

通販を使う様子寄生虫予防薬には内服薬と外用薬があります。ブロードラインは外用薬で、薬液がシリンジ(注射器のような容器)に入っています。

 

ブロードラインの使い方

1、まずは使用前にシリンジが入っている容器から取り出して準備します。

2、シリンジのキャップ部分を上にした状態で、薬液がこぼれないようにキャップを外します。

3、猫の首後ろ(肩甲骨あたり)の被毛をかき分け、皮膚が見える状態にします。

4、シリンジはボールペンの心を出すように持ち、ゆっくりと全量押し出します。

 

ただ、猫の中には落ち着きない性格でスポットオンを上手に使えるか…?と心配する飼い主の方もいらっしゃるでしょう。

そんなときは動かないようにしっかりと抑えてから使用するかおやつなどで気を逸してから使用するのがおすすめです。

また、薬液の量は割と多いので垂れてきてしまうこともあります。

薬液は猫が触ったり舐めたりしないように首の後ろへ使用しますが、完全に乾くまでは4時間ほどかかります。そのため、時短は皮膚のムレを防ぐためにも使用後ドライヤーとブラシで乾かすのがおすすめです。

 

ブロードラインは動物病院以外でも買える!

通販を使う様子ブロードラインは獣医師の指示の下処方してもらう寄生虫予防のお薬です。なので、ブロードラインを使うとなれば、動物病院へ行かなければなりません。

 

しかし、現在では個人輸入という方法でブロードラインを取り寄せることができます

個人輸入は海外の販売店へ欲しい商品を発注して、日本へ発送してもらうことです。ただ、個人輸入をするとなれば語学力や交渉力が必要ですし、自分で個人輸入の手続きをすべて行わなければなりません。

いくら個人輸入を利用すれば病院へ行かなくても良いと言っても、到底何の知識もない素人が

できるようには思えませんよね。

 

ただ、今は個人輸入の面倒な手続きを全て引き受けてくれる個人輸入代行サービスという通販サイトがあります。

個人輸入代行サービスは、通常の通販サイトと同じく全て日本語表記となっています。

しかも、注文しやすいように商品をカテゴリーで分類していたり、薬の説明も記載しています。利用手順に関しても、欲しい商品をカートへ入れて個人情報を入力するだけなので、初めての方でもスムーズに利用できます。

 

通販でブロードラインを買うのはOK?安全性は?

通販を使う様子普段から利用する通販と同様の利用方法で海外のブロードラインを注文できる個人輸入代行サイト。

どういったサービスなのかは大体理解していただけたかと思いますが、本来は動物病院でしかもらえないお薬を一般人が実際に利用しても法に触れないのか?また、安全に利用できるのか?と疑問に感じます。

 

まず、個人輸入(代行)という通販で購入すること自体は合法です。

個人が使用する目的であれば利用は認められており、注文数も上限を超えなければOKです。なので、普通に自分のペットへ使う場合には全く問題なく利用していただけます。

 

また、安全性に関してですが、正規品を扱う信頼できる通販サイトを利用すれば問題ありません

現在は海外のペット医薬品を扱う通販サイトが増えてきていますが、中には悪質な通販サイトもあるのが現状です。

知らずに悪質な通販サイトを利用してしまうと、お金を払ったのに商品が届かなかったり、劣悪な偽物が届いたり、個人情報が売買されていたり…といったトラブルに遭います。

安全性の高い通販サイトは多いですが、中にはこうした悪質通販サイトがあるので、少しでも怪しいと感じる通販サイトは避けましょう

悪質通販サイトの特徴

おかしな日本語表記が多い

会社情報ページがない

相場の価格と比べて安すぎるor高すぎる

口コミがない

口コミ内容が偏っている

などが特徴になっています。上記の特徴の1つでも当てはまっているような場合は、利用しないようにすることでより安全にブロードラインの通販を利用することが出来るようになっています。

 

ブロードラインは通販がおすすめ!その理由とは

ブロードラインは病院でも通販でも購入できますが、個人的には通販での購入が断然おすすめです。

通販が良い理由①猫にストレスを与えない

通販を使う様子多くの猫は動物病院を苦手とします

キャリーバッグを見せただけでも逃げ出したり隠れたりする猫は多いハズ!

ブロードラインは毎月1回使用する必要があり、その度に通院するとなれば猫に毎月ストレスを与えてしまうことに。

猫は強いストレスを感じると脱毛、自傷行為、膀胱炎など様々な影響が出るため、ストレスはなるべく与えないように心がける必要があります

そんなストレスの要因となる通院は、通販に切り替えることで解消されます。もちろん、必要に応じて動物病院へ連れて行かなければなりませんが、ブロードラインをもらいに行く程度であれば通販にしてあげましょう。

通販が良い理由②動物病院よりも安く買える

動物病院で発生する費用は全て自費診療のため高額になります。また、金額は各動物病院でバラバラですが、おおよその金額はブロードライン(2.5kg未満)1本で1,500円です。

また、診察料や検査料も加えると合計で6,000円ほどかかってしまいます。

一方、通販を利用する場合には薬代と送料を含めた金額が必要となります。金額は通販サイトによってバラバラですが、おおよその金額はブロードライン(2.5kg未満)1本で1,450円です。ただし、通販の場合には1箱~の購入となるので、1回の注文は1箱(3本入り)に送料を含めて約5,500円です。

金額だけを比較するとあまり差がないように感じますが、動物病院はブロードライン1本分で通販は3本分の金額です。また、通販ではまとめ買いすると割引サービスを受けられますので、さらに通販がお得になります。

通販が良い理由③まとめ買いでストック可能

愛猫の画像動物病院は基本的に必要な分しかお薬を処方してくれません。そのため、都度お薬をもらいに行かなければなりませんし、診察料も発生します。

しかし、通販ではまとめ買いをしておけますので通院頻度を減らせて節約になります。また、通院の必要がなくなれば月1の投与日を忘れていても、思い出したときにすぐ投与可能です。

通販サイトにはブロードラインの他にも使用頻度の高い抗生物質や健康的なサプリメントなどもあり、色々ストックしておくと何かと助かります。

通販が良い理由④場所も時間も問わず注文できる

通販はスマートフォン、タブレット、パソコンから注文できます。

こうした端末とインターネット環境が整っていればいつでもどこでも利用できますので、動物病院へなかなか連れていけない飼い主さんに便利です。

 

ブロードライン通販のよくある質問

ブロードラインの画像ブロードラインは猫用の寄生虫対策で人気のお薬です。動物病院でも処方されることが多く、これまでたくさんの猫を守ってきました。

使いやすく効果が高いお薬ですが、初めて使用する方のためにブロードライン通販のよくある質問をQ&A形式でご紹介していきます。

Q、何歳の猫から使える?

A、ブロードラインは7週齢以上の子猫からお使いいただけます。

Q、ブロードラインを使えない猫はいる?

A、ブロードラインを使用できない猫は、7週齢未満の子猫、妊娠中の猫、授乳中の猫、健康状態に異常がある猫、有効成分に対して過敏症の既往歴がある猫です。また、高齢の猫や衰弱している猫に対しては慎重に使用する必要があります。

Q、猫がブロードラインを舐めちゃったけど大丈夫?

A、薬液を因めた場合には、下痢、食欲減退、痒み、蕁麻疹などの症状が現れる恐れがあります。いずれも1日程度で症状が消失しますが、症状が治まらない場合には獣医師の診察を受けてください。

Q、フロントラインプラスとブロードラインの違いは?

A、いずれも猫用の寄生虫予防薬ですが、有効な寄生虫が異なります。

フロントラインプラスはノミ、マダニ、ハジラミに有効ですが、ブロードラインは、ノミ、マダニ、フィラリア、猫回虫、瓜実条虫、猫条虫、多包条虫、猫鉤虫に有効です。

Q、すぐに使いたいけど速達してもらえる?

A、基本的に国際書留郵便で送られてくるので、速達や日時指定はできません。また、入金確認後に商品が発送されますので、入金が遅れるとお届けも遅くなります。

Q、間違って注文しちゃった…。返品できる?

A、自己都合での返品交換はできません。ただし、商品が破損していたり注文した商品が異なる、数が足りない等の場合は返品交換が可能です。

ブロードラインの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました